雑に世界を放浪中! 錆彦日記

雑に世界を放浪中! 錆彦日記

ビバ!メヒコ!その11 ~シャーマンメキシコ編 茸 その1~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

      2016/07/31

近況報告 現在地:ペルー リマ

どおも、さびです。

ペルーのリマ、江田インに弩連泊中。

1月7日、七草粥だなーと思って、お粥作りました。001お粥&肉。

 

スーパーで肉売ってたので買いました。1キロ22ソレスくらい(850円くらい)

骨付き280グラムくらいだったので6ソレスくらい(220円くらい)

 

牛肉安い。しかも、結構おいしい!

硬そうって思ったけど、やわらか~い(´▽`*)

 

 

 

 

一緒の宿に泊まってる、筋トレ大好きガチムチ肉食系肉の方は、

003こんなン喰ってたw

牛肉800g!

ほうれん草の煮込み1束!

ニンニクペースト100g使用!!!

 

 

 

さすが肉食系肉!筋肉肉肉ニクじゅうはち!

 

 

ちなみに今、目の前で

ランチ肉550g

喰ってますw

 

 

 

ニク!

 

 

では、メキシコ編です_(“_´ω`)_ペショ

 

 

 

シャーマンがいる村、ウアウトラ・デ・ヒメネスを目指す!

シャーマン、マリア・サビーナの村「ウアウトラ・デ・ヒメネス」

そこに、マリアの愛弟子、イネスは住んでいるらしい。

 

まず、オアハカから、ウアウトラ・デ・ヒメネスまでのバスを探すことにする。

街の中にはいくつか、観光案内所があり、そこでは、オアハカの街の地図がもらえたり、

他の都市とのバス発着所など、交通機関の相談もできたりと、いろいろ聞くことができる。

 

 

運よく、英語を喋れる人が1人だけいたのでどうにか会話ができた!

 

 

バス乗り場の住所を教えてもらう。

調べるのがめんどくさい人のために住所書いておきます。

 

ウアウトラ・デ・ヒメネス行きバス乗り場

Huzares 213, Centro Oaxaca,Mexico

 

オアハカのソカロからウサレス通りを西にずーっと行くと左側にに出てきます。

 

 

バスの出発時間、朝7時30分とのことだったので、次の日に尋ねることにした。

 

朝、大きめのバンでオアハカを出発。

乗客は自分以外すべてメキシコ人だった。

オアハカまで買い出しに来ていて、地元に戻るという感じの方々でいっぱいだった。

 

 

ウアウトラ・デ・ヒメネスまでのかかる時間、約6時間。

間にご飯休憩が挟まれます。

 

 

 

 

そういえば、・・・

 

ハラが・・・

 

減った・・・

139朝から何も食べてないからおなかがペコちゃんだ。

 

 

 

 

140すでに結構な山の中。田舎の定食屋って感じ。いいじゃないか。

鍋の中には何やらいろいろなソースがたっぷり。

 

 

 

 

 

141窯の上でタコスを焼いているのか。生地も市販のものじゃなくて手作りだ。

 

 

 

 

さて、この店で俺が注文すべきものはなんだ?

今、俺の腹は、一体何腹なんだ?

 

 

 

まて、焦るな。

俺は腹が減っているだけなんだ。

 

 

 

よし。

 

 

 

144錆彦’s セレクション   

「トマトソースとトルティーヤ ビステク付き」

 

ほうほう。香ばしいトルティーヤをあえて、トマトソースで煮込み、

ドロドロもそもその食感にしてくるとは、

 

 

攻めるなぁ、おばちゃん。

 

 

 

 

うん、モッサリしてて、ベッショりしてて、

 

 

 

 

 

攻めるなぁ、おばちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

ビステク、火がしっかりと通ってる。

 

 

お・・・これは・・・

噛みごたえがあるぞぉ。

 

 

 

 

アゴにガツンとくるなぁ。

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・ご馳走様でした。

 

 

 

ん!あんまり美味しくない!(゚Д゚)ノ

 

 

 

 

 

ウアウトラ・デ・ヒメネスに到着。

山の中、小さな小さな村を想像していたが、

思っていたより人口も多く活気があった。

 

イネスの家の住所は前もって調べていたので、その住所をその辺の人に聞いて回る。

山の村なので、やはり坂道が多く、

20キロオーバーのバックパックを担いでの家探しはかなりハードなものだった。

歩いては、バックパックを下ろして休憩をとり、また歩くの繰り返し。

どうにかこうにか、イネスの家がある路地まで登ってきた。

 

少し歩くと、一軒の家の前に女性の姿があった。

 

 

イネスだったw

 

 

 

軽く会釈すると、イネスは自分を指さし、「イネス」

と自己紹介してきたw

 

 

ラッキー!やっと会えた!

なんとか、英語で話をしてみると、なんとなく状況をわかってくれたようだった。

この村には一泊しかできないこと。

ぶしつけだけど、今晩、セレモニーをしてほしいこと。

 

 

無理って言われたらどうしようとも思ったが、

イネスは優しい笑顔で承諾してくれた。

 

 

 

 

162イネスと旦那さん。

 

 

 

 

見た目はごく普通の優しそうなおばちゃん。

旦那さんもすごくいい人。畑を持っていて農業をやられているそうです。

 

 

 

次回、とうとう体験!シャーマンのセレモニー!

 

 

 - ウアウトラ・デ・ヒメネス, オアハカ, グルメ, シャーマン, メキシコ, メキシコ料理, メキシコ編 , , , , , , , , , , , , ,