雑に世界を放浪中! 錆彦日記

雑に世界を放浪中! 錆彦日記

ゆる~り~、ペルーライフ!その24 ~坂道だらけ!インカの古都、クスコ!~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

   

ペルー山奥の古都、「クスコ」に到着。

098
※2016年2月3日の出来事だよ!

 

長距離バスが停まり、乗客がザワザワとし始めた。

 

私は2月2日に、長いこと実に累計49日滞在していたペルーの首都「リマ」を後にし、

新しい街「クスコ」への長距離バスの中にいた。

 

リマはとても過ごしやすく、自分でもびっくりするくらい長居してしまった。

 

たまたま、リマのゲストハウス「お宿桜子」で出会い、シャーマンに会いに行くのも同行した

「のぶくん」に便乗しなければまだリマでのんびりしていたかもしれない。

 

どうやら、バスは無事にクスコに到着したらしい。

クスコは標高約3,400mにある街で、バスが通る道はもちろん崖っぷち。

長距離バスがちょいちょい崖を転げるらしいと聞いていたので、

本当に無事に到着できて良かった!

 

クスコに到着はしたものの外は雨が降っていた。

のぶくんとタクシーを使い、目標の安宿「CASA DEL INKA」を目指すことにする。

 

バスターミナルにはタクシーの客引きが待機していた。

数人の客引きの中から宿の場所がわかるやつ1人を選び、

タクシーに乗る。

 

だが、このタクシーが、ことあるごとにスペイン語で観光案内のようなものをしてくる。

 

 

あ~、そゆのいらないデス。

(;・∀・)ツカレテルカラ

 

 

 

有名なアルマス広場をぐるりと回りながら、

また、スペイン語で説明してくる。

 

 

 

この時、憶えておくべきスペイン語。

「Vaya directamente! 」

(バヤ ディレクタメンテ)

「まっすぐ行け!」

 

 

 

なんやかんやで安宿「CASA DEL INKA」到着。

その後、タクシーは迷いつつもできるだけ宿の近くまで車をつけてくれた。

しかし、ここ「クスコ」の街は坂道&階段だらけで車が入れない路地も結構ある。

降ろしてくれた場所からは徒歩だったが、階段が急なうえ、標高3,400m!

 

呼吸が厳しいのである。

 

img_2284後日撮った宿の前の階段。実は、ここは階段のかなり上。

ここに来るまでに何回か心が折れそうになる程。

 

 

とりあえず、チェックインを済ますと、のぶくんは少し宿で過ごすようなので

一人で雨の街をぶらりとしてみることにした。

 

 

 

099

アルマス広場のカテドラル。

でっかい!

 

 

 

096

雨が降り続いている。傘なんか持っていないので体が濡れ、少し寒くなってきた。

ちょうど小腹もすいていたので適当なレストランで飯を食うことにする。

 

 

097

ずっと食べたかったけど、食べる機会を逃していたペルー料理「Aji de gallina(アヒ デ ガジーナ)」

これをオーダー!期待が膨らむ!

 

 

いただきます!!!

モグモグ・・・。

・・・。

・・・。

あれ!?

あんまり美味しくないや!

(;・∀・)タカカッタノニ

 

 

 

周りの旅人に聞くとみんな「美味しいよ!」って言ってたが

店選びを完全に間違えたようだ。。。

客入りもよく、ちょっと高い店にしたのに!!!

 

ちなみに、アヒ・デ・ガジーナ、どこで食べたのが美味しかった?

って旅行者に聞くと、アレキパにある「サンドラの家」って答える人が多かったデス。

今度、サンドラの家、泊まりに行こう・・・。

 

あんまり美味しくないご飯と雨に打たれ、完全に惨敗モードで宿に帰って休む。

 

クスコ、CASA DEL INKAの夜。

この宿、一番上のフロアがテラスみたいになっていて、キッチンが利用できる。

しかも、朝ごはんが無料でこのテラスで利用できるのだ。

 

特にやる事もなく、気持ちも落ちていたのでテラスに行ってみると。

 

 

アルマス広場夜景

夜景が綺麗!!!

 

アルマス広場が一望できる!!!

(∩´∀`)∩ワァイ!

 

暗い気持ちに光が差した。

こんなちょっとのことで、人は暗い気持ちになったり、ゴキゲンになったり。

 

めんどくさい生き物だなぁ。

 

でも、今日の最後がゴキゲンで終われてヨカッタ!

 

 

次の日。

 

完全に高山病にかかり、3日ぐらい寝込みましたとさ。

(゚Д゚)ノ ちゃんちゃん。

 

 

 - クスコ, グルメ, ペルー料理 , , , , , , , , , ,